NEXT RACE

JogNote

Yahoo! 天気・災害

楽天市場

楽天ブックス

無料ブログはココログ

« 桐生祥秀選手が9秒98、日本人初の9秒台! | トップページ | 献血50回に到達! »

2017年9月11日 (月)

第5回北海道ハイテクAC杯陸上競技選手権大会

平成29(2017)年9月10日(日)、札幌市厚別公園競技場で、

第5回北海道ハイテクAC杯陸上競技選手権大会が開催されました。

この大会は、日本のトップランナーである、

福島千里選手や北風沙織選手、伊藤佳奈恵選手、寺田明日香選手などを育成・輩出した、

北海道ハイテクアスリートクラブの中村宏之監督の功績を称えるとともに、

女性のスポーツ振興と次世代を担うジュニア選手の普及強化、

総合的なスプリント能力の向上などを目的として、

当初、「北海道ハイテクAC杯レディース陸上競技選手権大会」として、

平成25(2013)年9月15日(日)に第1回大会が開催され、昨年まで4回開催されましたが、

今年からは、「レディース」の文字を外し、一般男子選手にも門戸を開放するとともに、

マスターズの選手も参加できるようにしました。

これにより、参加者の年齢も10歳から85歳までと幅広く、

すべてのカテゴリーのアスリート育成やスポーツ振興に寄与する大会となりました。

8月に熊本で開催された、全国中学陸上の女子100mを制した石堂陽奈選手(八雲中)や、

女子100mHを大会新記録で優勝した中山璃子選手(岩見沢明成中)も、

北海道ハイテクACジュニア所属選手として出場していましたし、

男子でも、全国中学陸上の男子100m・200mで2位に入った、

鷹祥永選手(由仁中)が出場しており、

非常にレベルの高いパフォーマンスを見ることができました。

また、マスターズの選手の中には、

「厚別公園競技場のような立派な競技場で競技できて非常に嬉しい。」

といった感想を持った選手もいて、大変有意義な大会でした。

その中で、一つ残念な出来事がありました。

今大会は、トラック競技では、競技開始時刻の15分前を招集完了時刻とし、

第1ゲートの外側で競技者係の点呼を受ける事になっており、

招集時刻に遅れた選手は棄権したものとみなして処理することになっていたのですが、

競技者係の点呼を受けないまま、DNSとして処理された選手が、

いつのまにか競技場の中に入り込み、出発係の最終点呼に現れたのです。

結局、その選手は出場が認められませんでした。

その選手は、札幌からかなり離れた地方からエントリーした選手でしたので、

非常に可哀想なことでした。

道内の地方陸協では、審判員の人手不足から、

競技者係を置かず、点呼を出発係に一本化している大会もあり、

競技者係に点呼されるという認識がなかったのかもしれません。

出場される選手や引率される方は、競技注意事項をよく確認し、

時間に遅れないよう、招集所に参集していただきたいと思います。

F1011905

F1011906

F1011907

F1011908

参加中です。ポチッとお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ

« 桐生祥秀選手が9秒98、日本人初の9秒台! | トップページ | 献血50回に到達! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571673/65779721

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回北海道ハイテクAC杯陸上競技選手権大会:

« 桐生祥秀選手が9秒98、日本人初の9秒台! | トップページ | 献血50回に到達! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • 参加中です。ポチッとお願いします<(_ _)>
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

記事一覧